KEGG   DISEASE: 乾癬
エントリ  
H01656                                                             

名称    
乾癬;
尋常性乾癬;
関節症性乾癬
概要    
乾癬 (PSORS) は慢性免疫介在性炎症性皮膚疾患である。真皮毛細血管の拡張を伴う表皮の過剰増殖を特徴とする。主な症状は皮膚に現れるそう痒感を伴う剥がれやすい鱗屑、膨張、痛みを伴う病変などである。尋常性乾癬が最も一般的な型である。その他、屈側性乾癬、滴状乾癬、爪乾癬、逆乾癬、乾癬性紅皮症、乾癬性関節炎などがある。爪乾癬は、他の型に付随することもあるし、それ自体で発症することもある。どの年齢層でも罹患するが、乾癬性関節炎は 30歳から 50歳で罹患することが多い。細菌感染、遺伝的要因、環境的要因、免疫疾患など様々な因子が病因に大きく関わっている。本疾患は循環器疾患、リンパ腫、抑うつなどの併存疾患に伴うこともある。本疾患は遺伝的素因が関連した免疫介在性疾患であるが、免疫抗原は特定されていない。サイトカイン、樹状細胞、T リンパ球が乾癬病変に存在し、生物学的療法開発の誘因となった。診断は通常は臨床的所見を基本とし、典型的な鱗状紅斑、丘疹、そう痒性で痛みを伴うこともある斑などの存在が基礎となる。診断確認のための生体組織検査はほとんど必要ならない。多くの患者の第一選択治療は副腎皮質ステロイドやビタミン D 類縁体などの外用薬治療となる。より重症もしくは治療の効果がみられない患者に対して、光線療法、メトトレキサート(日本では未承認)による全身治療、そして最近では腫瘍壊死因子 (TNF) 阻害剤による生物学的療法などが第二、第三選択治療となる。
カテゴリ  
皮膚および結合組織疾患; 免疫系疾患
階層分類  
ヒト疾患 [BR:jp08402]
 皮膚疾患
  皮膚と軟部組織の疾患
   H01656  乾癬
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 14 Diseases of the skin
  Inflammatory dermatoses
   Papulosquamous dermatoses
    EA90  Psoriasis
     H01656  乾癬
病因遺伝子 
(PSORS1) HLA-C [HSA:3107] [KO:K06751]
(PSORS2) CARD14 [HSA:79092] [KO:K20913]
(PSORS13) TRAF3IP2 [HSA:10758] [KO:K21124]
(PSORS14) IL36RN [HSA:26525] [KO:K05483]
(PSORS15) AP1S3 [HSA:130340] [KO:K12395]
治療薬   
デキサメタゾン [DR:D00292]
デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム [DR:D00975]
ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム [DR:D00972]
トリアムシノロンアセトニド [DR:D00983]
シクロスポリン [DR:D00184]
オロパタジン塩酸塩 [DR:D01192]
エピナスチン塩酸塩 [DR:D01713]
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル [DR:D00689]
モメタゾンフランカルボン酸エステル [DR:D00690]
インフリキシマブ [DR:D02598]
ヒドロコルチゾン [DR:D00088]
ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム [DR:D00978]
コルチゾン酢酸エステル [DR:D00973]
トリアムシノロン [DR:D00385]
ベタメタゾン [DR:D00244]
プレドニゾロン [DR:D00472]
プレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム [DR:D01239]
メチルプレドニゾロン [DR:D00407]
メチルプレドニゾロン酢酸エステル [DR:D00979]
レゾルシン [DR:D00133]
デキサメタゾンプロピオン酸エステル [DR:D01632]
デキサメタゾン吉草酸エステル [DR:D01948]
ヒドロコルチゾン酪酸エステル [DR:D01619]
酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン [DR:D01886]
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル [DR:D03301]
ベタメタゾン吉草酸エステル [DR:D01357]
ベタメタゾンジプロピオン酸エステル [DR:D01637]
ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル [DR:D02032]
フルオシノロンアセトニド [DR:D01825]
フルオシノニド [DR:D00325]
アルクロメタゾンプロピオン酸エステル [DR:D01820]
ジフルコルトロン吉草酸エステル [DR:D01764]
フルドロキシコルチド [DR:D00328]
ジフロラゾン酢酸エステル [DR:D01327]
アムシノニド [DR:D01387]
ジフルプレドナート [DR:D01266]
クロベタゾールプロピオン酸エステル [DR:D01272]
デプロドンプロピオン酸エステル [DR:D01434]
ベタメタゾン吉草酸エステル・ゲンタマイシン硫酸塩 [DR:D04773]
フラジオマイシン硫酸塩・フルオシノロンアセトニド [DR:D04795]
フラジオマイシン硫酸塩・ベタメタゾン吉草酸エステル [DR:D04796]
ベンダザック [DR:D01594]
クロタミトン・ヒドロコルチゾン [DR:D04801]
デキサメタゾン・脱脂大豆乾留タール [DR:D08733]
脱脂大豆乾留タール [DR:D08734]
サリチル酸 [DR:D00097]
イオウ [DR:D00024]
カルシポトリオール [DR:D01125]
タカルシトール水和物 [DR:D01472]
マキサカルシトール [DR:D01098]
カルシポトリオール・ベタメタゾンジプロピオン酸エステル [DR:D10534]
マキサカルシトール・ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル [DR:D10788]
エトレチナート [DR:D00316]
メトトレキサート [DR:D00142]
アプレミラスト [DR:D08860]
アダリムマブ [DR:D02597]
セルトリズマブペゴル [DR:D03441]
ウステキヌマブ [DR:D09214]
セクキヌマブ [DR:D09967]
ブロダルマブ [DR:D10061]
イキセキズマブ [DR:D10071]
グセルクマブ [DR:D10438]
チルドラキズマブ [DR:D10400]
リサンキズマブ [DR:D11052]
リンク   
ICD-11: EA90
ICD-10: L40
MeSH: D011565
OMIM: 177900 602723 614070 614204 616106
文献    
  著者
Garg T, Rath G, Goyal AK
  タイトル
Nanotechnological approaches for the effective management of psoriasis.
  雑誌
Artif Cells Nanomed Biotechnol 44:1374-82 (2016)
DOI:10.3109/21691401.2015.1037885
文献    
  著者
Weigle N, McBane S
  タイトル
Psoriasis.
  雑誌
Am Fam Physician 87:626-33 (2013)
文献    
PMID:24350319 (description, drug)
  著者
Burfield L, Burden AD
  タイトル
Psoriasis.
  雑誌
J R Coll Physicians Edinb 43:334-8; quiz 339 (2013)
DOI:10.4997/JRCPE.2013.414
文献    
PMID:15708945 (drug)
  著者
Lebwohl M, Ting PT, Koo JY
  タイトル
Psoriasis treatment: traditional therapy.
  雑誌
Ann Rheum Dis 64 Suppl 2:ii83-6 (2005)
DOI:10.1136/ard.2004.030791
文献    
  著者
Limaye K
  タイトル
Psoriasis: an overview and update.
  雑誌
Nurse Pract 40:23-6 (2015)
DOI:10.1097/01.NPR.0000453651.30695.43
文献    
  著者
Asumalahti K, Laitinen T, Itkonen-Vatjus R, Lokki ML, Suomela S, Snellman E, Saarialho-Kere U, Kere J
  タイトル
A candidate gene for psoriasis near HLA-C, HCR (Pg8), is highly polymorphic with a disease-associated susceptibility allele.
  雑誌
Hum Mol Genet 9:1533-42 (2000)
DOI:10.1093/hmg/9.10.1533
文献    
  著者
Jordan CT, Cao L, Roberson ED, Pierson KC, Yang CF, Joyce CE, Ryan C, Duan S, Helms CA, Liu Y, Chen Y, McBride AA, Hwu WL, Wu JY, Chen YT, Menter A, Goldbach-Mansky R, Lowes MA, Bowcock AM
  タイトル
PSORS2 is due to mutations in CARD14.
  雑誌
Am J Hum Genet 90:784-95 (2012)
DOI:10.1016/j.ajhg.2012.03.012
文献    
  著者
Huffmeier U, Uebe S, Ekici AB, Bowes J, Giardina E, Korendowych E, Juneblad K, Apel M, McManus R, Ho P, Bruce IN, Ryan AW, Behrens F, Lascorz J, Bohm B, Traupe H, Lohmann J, Gieger C, Wichmann HE, Herold C, Steffens M, Klareskog L, Wienker TF, Fitzgerald O, Alenius GM, McHugh NJ, Novelli G, Burkhardt H, Barton A, Reis A
  タイトル
Common variants at TRAF3IP2 are associated with susceptibility to psoriatic arthritis and psoriasis.
  雑誌
Nat Genet 42:996-9 (2010)
DOI:10.1038/ng.688
文献    
  著者
Farooq M, Nakai H, Fujimoto A, Fujikawa H, Matsuyama A, Kariya N, Aizawa A, Fujiwara H, Ito M, Shimomura Y
  タイトル
Mutation analysis of the IL36RN gene in 14 Japanese patients with generalized pustular psoriasis.
  雑誌
Hum Mutat 34:176-83 (2013)
DOI:10.1002/humu.22203
文献    
  著者
Setta-Kaffetzi N, Simpson MA, Navarini AA, Patel VM, Lu HC, Allen MH, Duckworth M, Bachelez H, Burden AD, Choon SE, Griffiths CE, Kirby B, Kolios A, Seyger MM, Prins C, Smahi A, Trembath RC, Fraternali F, Smith CH, Barker JN, Capon F
  タイトル
AP1S3 mutations are associated with pustular psoriasis and impaired Toll-like receptor 3 trafficking.
  雑誌
Am J Hum Genet 94:790-7 (2014)
DOI:10.1016/j.ajhg.2014.04.005
LinkDB    

» English version

DBGET integrated database retrieval system