ヘルプ
» English
KEGG icon

医薬品コード

KEGG では日米欧の医薬品を一元的に管理するため、化学物質としての医薬品コードをつけています。これが KEGG DRUG D 番号で、同一化合物 (または同一混合物) の識別子になっています。D 番号を上位の医薬品分類に対応づけ、また下位の商品 (および添付文書) に対応づけることで、KEGG MEDICUS では日米の医薬品すべての階層的体系化がなされています。
医薬品分類コード (ATC 分類コード、薬効分類番号)
化学物質コード (KEGG DG 番号および D 番号)
添付文書コード (日本: JAPIC 8桁コード, 米国: DailyMed setId)
商品コード (日本: JAPIC 11桁コード, YJ コード, 米国: NDC)
それぞれのコードの概略は以下の通りです。米国の DailyMed setId と NDC については英語版をご覧ください。

KEGG D 番号
化学構造 (混合物の場合は化学成分) に対応した識別子で、大文字アルファベット D に続く5桁の数字で表現 (KEGG identifier 参照)
(例) D00109 アスピリン

KEGG DG 番号
塩や水和状態等の違いを除いた基本構造が一致する化学構造グループで、DG に続く5桁の数字で表現
(例) DG00015 アセチルサリチル酸

ATC 分類コード
WHO の ATC (解剖治療化学) 分類
(例) アスピリンの分類コード N02BA01B01AC06 は以下の階層分類に対応
N 神経系
 N02 鎮痛薬
  N02B その他の鎮痛薬と解熱薬
   N02BA サリチル酸と誘導体
    N02BA01 アセチルサリチル酸
B 血液と造血器官
 B01 抗血栓薬
  B01A 抗血栓薬
   B01AC 血小板凝集抑制薬、ヘパリンを除く
    B01AC06 アセチルサリチル酸

薬効分類番号
日本標準商品分類「87 医薬品及び関連製品」のサブカテゴリーに対応した薬効分類
(例) アスピリンの薬効分類番号 11433399 は以下の階層分類に対応
1 神経系及び感覚器官用医薬品
 11 中枢神経用薬
  114 解熱鎮痛消炎剤
   1143 サリチル酸系製剤
3 代謝性医薬品
 33 血液・体液用薬
  339 その他の血液・体液用薬
   3399 他に分類されない血液・体液用薬

JAPIC コード
日本医薬情報センター (JAPIC) が医薬品添付文書データベース作成のためにつけている番号
添付文書は 8桁の数字で、個々の商品はそれに枝番号がついた 11桁の数字で識別
(添付文書の例) 00047330 バイアスピリン (バイエル薬品)
(商品の例) 00047330-001 バイアスピリン錠100mg

YJ コード
薬価基準収載品目につけられた12桁のコード (厚生省コード) にほぼ対応
一般名に付与された薬価基準収載品目の場合、銘柄番号で個々の商品を区別
(例) 3399007H1021 バイエル薬品のバイアスピリン
3399薬効分類番号
007投与経路及び成分 内服薬:001-399 注射薬:400-699 外用薬:700-999
H剤形 A-E:散剤 F-L:錠剤 M-P:カプセル Q-S:液剤 T,X:その他
1同一分類内の規格単位番号
02同一規格内での銘柄番号
1チェックディジット



KEGG MEDICUS では使用していませんが、以下の医薬品コードもあります。

承認番号
承認を受けた物品であることを示す番号
(例) 21200AMY00212000 バイエル薬品のバイアスピリン錠100mg
21:昭和 2:平成
12
0000:厚生省承認
AMAM:医療用医薬品 AP:一般用医薬品 BZ:医療用具 DZ:医薬部外品 CZ:化粧品
YY:輸入 Z:製造
00212000その年の一連番号

JAN コード
個々の医薬品の販売用包装単位ごとに付与された13桁の統一商品コード
(例) 4987222735865 バイエルアスピリン 500mg 20錠 (一般用医薬品)
49日本
87日本標準商品分類の医薬品及び関連製品
222日本医薬品卸業連合会が設定する各メーカーの販売元番号
73586販売包装単位番号
5チェックディジット


Last updated: August 10, 2021

Developed by Kanehisa Laboratories