KEGG   DRUG: テオフィリン
エントリ  
D00371                      Drug                                   
一般名   
テオフィリン (JP18);
Theophylline (JP18)
商品名   
  後発品
米国の商品 
  後発品
組成式   
C7H8N4O2
質量    
180.0647
分子量   
180.164
構造式   
Simcomp   
クラス   
呼吸器系用薬
 DG01616  キサンチン誘導体
  DG01609  キサンチン系気管支拡張薬
代謝酵素基質薬
 DG01892  CYP1A2基質薬
コード   
同一コード: C07130
薬効分類: 2251
ATCコード: R03DA04
化学構造グループ: DG01061
商品 (DG01061): D00371<JP/US>
効能    
気管支拡張薬, ホスホジエステラーゼ阻害薬
  疾患
気管支喘息 [DS:H00079]
肺気腫 [DS:H01714]
コメント  
キサンチン誘導体
ターゲット 
  パスウェイ
hsa04020  カルシウムシグナル伝達経路
hsa04022  cGMP-PKG シグナル伝達経路
hsa04024  cAMP シグナル伝達経路
hsa04080  神経刺激性リガンドとレセプターの相互作用
hsa04270  血管平滑筋の収縮
代謝    
Enzyme: CYP1A2 [HSA:1544]
相互作用  

階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 2  個々の器官系用医薬品
  22  呼吸器官用薬
   225  気管支拡張剤
    2251  キサンチン系製剤
     D00371  テオフィリン (JP18)
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 R 呼吸器系
  R03 閉塞性気道障害用薬
   R03D その他の全身用閉塞性気道障害用薬
    R03DA キサンチン
     R03DA04 テオフィリン
      D00371  テオフィリン (JP18) <JP/US>
医療用医薬品のUSP分類 [BR:jp08302]
 呼吸器薬
  ホスホジエステラーゼ阻害薬
   テオフィリン
    D00371  テオフィリン (JP18)
一般用医薬品の分類 [BR:jp08313]
 呼吸器官用薬
  26 鎮咳去痰薬
   D00371  テオフィリン (JP18)
一般用医薬品のリスク区分 [BR:jp08312]
 第一類
  無機薬品及び有機薬品
   テオフィリン
    D00371  テオフィリン (JP18)
医薬品グループ [BR:jp08330]
 呼吸器系用薬
  DG01616  キサンチン誘導体
   DG01609  キサンチン系気管支拡張薬
    DG01061  テオフィリン
     D00371  テオフィリン
 代謝酵素基質薬
  DG01892  CYP1A2基質薬
   DG01061  テオフィリン
    D00371  テオフィリン
ターゲットに基づく医薬品分類 [BR:jp08310]
 Gタンパク質共役受容体
  ロドプシンファミリー
   アデノシン
    ADORA1
     D00371  テオフィリン (JP18) <JP/US>
    ADORA2B
     D00371  テオフィリン (JP18) <JP/US>
 酵素
  ヒドロラーゼ (EC3)
   ホスホジエステラーゼ
    PDE
     D00371  テオフィリン (JP18) <JP/US>
日本薬局方収載医薬品 [BR:jp08311]
 化学薬品等
  D00371  テオフィリン
薬物代謝酵素とトランスポーター [jp08309.html]
 薬物代謝酵素
  D00371
医薬品グループ [BR:jp08330]
 呼吸器系用薬
  DG01616  キサンチン誘導体
   DG01609  キサンチン系気管支拡張薬
    DG01061  テオフィリン
 代謝酵素基質薬
  DG01892  CYP1A2基質薬
   DG01061  テオフィリン
リンク   
CAS: 58-55-9
PubChem: 7847437
PDB-CCD: TEP[PDBj]
LigandBox: D00371
日化辞: J2.333G
LinkDB    

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system